買う

仲町台の洋品店「Euphonica」が1周年 個人ブランドなどのイベントも精力的

店主の井本征志さん。店内にはこだわりの上質な商品が並ぶ

店主の井本征志さん。店内にはこだわりの上質な商品が並ぶ

  • 0

  •  

 横浜市営地下鉄仲町台駅近くの洋品店「Euphonica」(ユーフォニカ、横浜市都筑区仲町台1、TEL 045-532-8460)が1月25日、オープン1周年を迎えた。

 店主の井本征志さんは1年前、都内にあるレディースレザーブランドの生産管理の仕事を経験後、同店を立ち上げた。都筑区出身の井本さんは、自分の育った街に好みの衣料店が少なかったことから、出店を決めた。

[広告]

 約15坪の店内に、男性・女性問わず上質な衣料品のほか、雑貨などを扱う。取扱いブランドはEELやknitchy、Blundstoneなど。

 ニッチなブランドも取り扱っていることから、来店客は近隣住民のほか、都内や地方からも多く来る。店内では定期的に、取引のあるブランドや地域で活動している個人ブランド・デザイナーの協力のもと、企画展やワークショップなどのイベントも展開してきた。3月には昨年好評だったというボーダーシャツのセミオーダーイベントも予定する。

 井本さんは「取り扱うアイテムを決めるときは、見た瞬間にピンとくるものであることと、作り手の商品作りに対する姿勢に共感できるかどうか」と話すほか、「遠くから来店される方もいらっしゃるので、当店をきっかけに仲町台という街にも興味を持っていただけたら」とも。

 営業時間は12時~20時。水曜定休。