3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

国学院大学たまプラキャンパスの養蜂企画、3年目の採蜜スタート

蜜蝋(ミツロウ)を使ったワークショップも

蜜蝋(ミツロウ)を使ったワークショップも

  • 0

  •  

 国学院大学たまプラーザキャンパス(横浜市青葉区新石川3)で展開している養蜂企画「万葉エコBeeプロジェクト」の今年の採蜜が始まった。

 同大学が創立130年を迎えた2012年に、記念事業の一環としてスタートし、今年で3年目を迎えた養蜂企画。横浜の街中でミツバチを育て、採蜜したハチミツを地域ゆかりの商品へ活用する「HAMA Boom Boom!Project」の協力などを得ながら、学生たちを中心に活動を続けてきた。ミツバチは行動範囲(半径約2キロ圏内)に生育している草花から蜜を採ってくることから、養蜂を通して地域の自然環境を意識するきっかけを作り、共同で作業を行うことで人と人のつながりを広げる。

[広告]

 養蜂は同キャンパス屋上で行われており、学外の参加者を募集した採蜜も実施。年間で合計200キロほどのハチミツが採蜜されており、学内カフェのメニューに使われるほか、瓶詰めにして地域のイベントなどでも提供している。

 4月27日には、地域の親子を対象に、ミツバチの巣「蜜蝋(ミツロウ)」を使ったクレヨン作りのワークショップを開催。参加者・学生合わせて約15人が交流した。

 同大学初等教育学科3年で同プロジェクトリーダーの名上友希さんは「このプロジェクトは実際に地域の自然と触れられる企画。こうしたワークショップや採蜜などで地域の方とつながり、みんなで地域環境について考えられたら」と話す。

 採蜜は夏ごろまで、毎週土曜日に行っている。採蜜への参加方法は同プロジェクトのホームページで確認できる。