天気予報

18

6

みん経トピックス

横浜・綱島に水素拠点開業新横浜で都市計画道路開通

横浜・仲町台で「ミモザフェスト」初開催へ コンサートやしおり作りも

横浜・仲町台で「ミモザフェスト」初開催へ コンサートやしおり作りも

街の中心にある通称ミモザ広場

写真を拡大 地図を拡大

 横浜市営地下鉄仲町台駅周辺の商店などで3月18日、「ミモザ」や「春」をテーマにしたイベント「仲町台ミモザフェスト」が始まる。

 大きなミモザの木が特徴的な通称「ミモザ広場」が街の中心にある仲町台。春になると黄色い花を咲かせるミモザは、街のシンボルになっている。

 イベントはこのミモザと街の魅力を内外に知ってもらおうと、周辺の商店同士が企画したもので今年初開催。期間中、駅周辺の7店舗で「ミモザ」や「春」をテーマにした商品を提供する。

 参加店は伊料理店「レストランエソラ」、仏料理店「ラルビュエル」、パン店「パンオミエル」、禁煙バー「Bar I」、洋品店「ユーフォニカ」、コミュニティーカフェ「いのちの木」、ハワイアンレストラン「ラウレアレインボー」。各店では目印として店頭にミモザを飾る。

 ユーフォニカのオーナーで実行委員の井本征志さんは「ミモザの木々が広場を黄色く彩る仲町台の春。その花の盛りに合わせて行うこのイベントでは、各店独自の『春』を提案する。多くの方に少しでも仲町台の魅力に気付いていただけたら」と話す。

 19日にはミモザ広場で、キーボードやアイリッシュハープ・フルートによるコンサートも開催。ミモザのしおり作りや布レジン作りも予定する。開催時間は10時~15時。

 今月26日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜市緑区北八朔町の「横浜環状北西線(ほくせいせん)」工事現場で3月27日、シールドマシン(掘削機)の発進式が行われた。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング