天気予報

27

21

みん経トピックス

美人農業女子が野菜講座アンティアンズ春の限定商品

仲町台の古民家で7段飾りのひな人形 つるし飾りなども展示

仲町台の古民家で7段飾りのひな人形 つるし飾りなども展示

7段飾り、つるし雛、ガラスケースに入った人形などが展示される

写真を拡大 地図を拡大

 横浜・仲町台のせせらぎ公園古民家(横浜市都筑区新栄町)で現在、ひな人形やつるし飾りが展示されている。

 江戸時代後期に荏田町に建てられた旧内野家住宅を1980(昭和55)年にせせらぎ公園内に移築復元した同古民家。間取りは「広間型三間取り」で当時の農家の特徴がうかがえる。

 期間中は、同古民家が所有する7段飾り3組(昭和30~40年代のもの)、つるし飾りなどを展示する。7段飾りのうち1組とガラスケースに入った人形は、新たに近隣住民から寄贈されたものとなる。

 眞田美樹館長は「今年は展示の仕方も少し変え、ガラスケースの人形が増えて7段飾りをさらに引立てている。展示期間は短いが、楽しんでいただけたら」と話す。

 展示は3月6日まで(3月3日は休館)。開館時間は9時~17時。入場無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

高知県産の食材や物産を扱う「おとりよせショップこうちや」(横浜市都筑区茅ケ崎中央、TEL 045-482-5537)では土用丑の日を前に、「四万十うなぎ」の販売が好調となっている。生産が追いつかず、入荷が確約できないが、代わりにかつおだしのところてんをおすすめしている。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング